有効栄養素

アルギニンは筋肉増強に欠かす事が出来ない成分です!

更新日:

Facebook にシェア
Pocket

アルギニンは筋肉をつけたいあなたに是非とも摂取して貰いたいアミノ酸です。
そんなあなたにアルギニンに関する効果や摂取方法の知識から、あなたにおすすめの筋肉増強の為のアルギニンサプリをランキングで紹介致します。

アルギニンについて

アルギニンとは?
アルギニンは、ヒトの体内で生成する事が出来る非必須アミノ酸です。
成長ホルモンの分泌を促したり、免疫力を高めたり、アンモニアを排出させるなどの重要な役割を果たしているアミノ酸です。
ただ、体の中で生成する事が出来るアミノ酸とは言え、その量は不十分なものがあります。よって、食事やサプリからも摂取する必要があります。

効果

1.筋肉の増強を促す

アルギニンには、脳下垂体から出される成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。
この成長ホルモンには、脂肪の代謝を促して、筋肉を増強してくれる働きがあります。
よって、筋トレを行っているあなたには是非とも摂取して貰いたいアミノ酸です。

2.免疫力を高める

アルギニンは、ウイルスや細菌が体に侵入してきた時に戦ってくれる白血球の一種である「マクロファージ」の働きを高めてくれる効果があります。これによって病気に負けない身体作りを形成する事が出来ます。

3.成人病の予防

アルギニンは、体内で一酸化窒素の生成を促します。一酸化窒素は、血管を拡張して、血液の流れをよくしてくれる働きがあります。これによって結果的に、高血圧や心筋梗塞や脳梗塞や動脈硬化などの成人病の予防に繋がります。

4.アンモニアの解毒

アルギニンは、オルニチン回路と呼ばれる肝臓内でアンモニアを代謝する働きに深く関与しています。
具体的にはアンモニアが、肝臓内のオルニチンと反応をして、アルギニンに変化。その後一部は、再びオルニチンに戻り、残りは解毒化されて尿として排出されると言う仕組みです。
特にアンモニアは、血液中に増加すると疲労感が増してきます。よってアスリートやボディービルダーの方には、トレーニングの持続力強化の観点からも、摂取した方が望ましいアミノ酸です。

5.潤い効果

肌の表面のすぐ下に存在している角質層には、天然保湿因子のNMFが存在しています。
このNMFの約40%がアミノ酸で出来ており、特にアルギニンがこのアミノ酸に深く関与しています。
よってアルギニンは、角質層にNMFを増やして潤いを与える働きがあります。

副作用と摂取量の目安

アルギニンの過剰摂取による副作用によって、下痢をしてしまう報告もあります。
これを防ぐ為には、アルギニン単体で服用するよりも、尿酸の排出を促す働きのあるレモンや梅干しに含まれているクエン酸と一緒に摂取するのがおすすめです。

アルギニンの1日の摂取量の目安は、2,000~4,000g程度と言われています。(スポーツ選手であれば10,000mg程度が必要になってきます。)
よって普段から運動をしているあなたであれば、10,000mg程度のアルギニンの量までであれば特に副作用の心配は殆どないようです。

ただその一方で、仮に4,000mg近くものアルギニンを摂取しようとなると、それぞれの食品あたり以下の量にあたる量を食べる必要があります。

・豚ロース250g
・鶏むね肉250g
・車エビ210g
・高野豆腐250g

つまり1日あたり豚ロースを毎日250g近く食べるとなると、当然余分なタンパク質・糖質・脂質を同時に摂取せざる負えなくなってきます。(カロリーが気になります。)そして脂肪がついて太る可能性大です。よってサプリメントとの併用が望ましいです。

アルギニンを多く含む食品

アルギニンを多く含む食品は、以下の通りです。

100gあたり
【肉類】
•豚ゼラチン8,000mg
•豚ロース 1,500mg
•豚ひき肉 1,200mg
【魚介類】
•かつお節(削り節)4,000mg
•しらす干し2,500mg
•すじこ 2,000mg
•生伊勢海老2,000mg
•車海老2,000mg
•しばえび2,000mg
【大豆類】
•分離大豆たんぱく7,000mg
•干し湯葉4,500mg
•高野豆腐4,000mg

相性のよい食べ物

アルギニンと相性のよい食べ物は、上記で述べたようにクエン酸を多く含む柑橘類や梅干し以外に、鰹やマグロやレバーやバナナなどがあります。これらの食品に共通しているのがビタミンB6を多く含んでいる点です。

ビタミンB6は、タンパク質の合成を促す重要な役割を果たす栄養素です。
食べ物からの栄養をアミノ酸(アルギニン)に一度分解されてから、私たちの体に必要なタンパク質に再合成されます。このタンパク質の分解・合成サイクルを主導しているのがビタミンB6と言う訳です。

ビタミンB6には皮膚炎を予防する働きがある他に、皮膚や粘膜の健康維持や、ホルモンのバランスを整えたり、精神を安定させる重要な役割などもあります。

アルギニンを多く含む食品やサプリと一緒に、是非ビタミンB6を多く含む食品も同時に摂取をして、アルギニンなどのアミノ酸の分解が体の中でスムーズに行えるようにしましょう!

筋肉をつけてマッチョになりたいあなたにおすすめのアルギニンサプリランキング

1位【バイタルアンサー】

特徴

バイタルアンサーは、モンドセレクション2017金賞受賞のアルギニンに特化したサプリメントです。
1日10粒の服用で16,000mgのアルギニンを摂取する事が出来ます。
その他にも、10粒あたりシトルリン500mg、オルニチン100mg、トリプトファン62mg、各種ビタミン125mg、亜鉛20mgと、アルギニンと相性のよい成分も配合されています。(全ての配合成分と含有量が公開されているので安心です。)
さらに「GMP」「HACCP」「JAS」この3つの認定を受けた国内工場にて一貫製造を行っています。
配送に関しては中身のわからない無地の箱でお届けしています。営業所止め指定も可能です。
30日間の全額返金保証キャンペーン中です!

内容量300粒配合
(タブレット)
定価(税込)12,960円
まとめ買い(3個)
15%OFF
(5個)
20%OFF
送料(税込)全国一律540円
アルギニン配合量(10粒あたり)
16,000mg

2位【マックスオム】

特徴

2粒に170mgのL-アルギニンを配合しています。純度の高いL-アルギニンを吸収率の高いハードカプセルに閉じ込めた商品です。
アルギニン以外にも、高麗人参・冬虫夏草・クラチャイダム・マカ・トンカットアリ・マムシ・すっぽん・にんにく・ムクナ・ガラナ・牡蠣などの11種類のアルギニンをサポートする機能性原料も配合されています。
「GMP」の認定を受けた国内工場にて製造を行っています。
配送に関しては中身のわからない包装箱でお届けしています。営業所止め指定も可能です。
7日間の返金保証付き
定期購入で初回限定70%OFF

内容量60粒配合
(カプセル)
定価(税別)6,300円
定期購入(初回)
70%OFF
(2回目以降)
20%OFF
送料(税込)送料無料
アルギニン配合量(2粒あたり)
170mg

3位【L-アルギニン5000プラス】

特徴

コップ1杯の水の中にパウダーを溶かして飲むアルギニンサプリです。
1袋あたりL-アルギニンを5000mgも配合されています。
その他に1袋あたり L-シトルリン(200mg)、D-リボース(100mg)、 ビタミンC(485mg)、ビタミンD3(400IU)、 ビタミンE(200IU)、 ビタミンB2(6mg)、 ビタミンB3(20mg)、 葉酸(400mcg) マグネシウム(100mg)
全て成分量を情報公開済です!
90日間完全返金保証!

内容量13g×30袋
(パウダー)
定価(税込)6,280円
定期購入(1個)
10%OFF
(2個)
14%OFF
送料(税込)定期購入は送料無料
※通常購入は840円(1万円以上の購入で無料)
アルギニン配合量(1袋あたり)
5000mg

Facebook にシェア
Pocket

スポンサードリンク

Milliard

おすすめの記事

1

HMBマッスルプレスを飲んで筋肉増大効果を検証してみました。 今回私が筋肉増大効果を確かめてみるべく飲んでみる事にしたのがHMBマッスルプレスです。あの有名な元プロボクサー(名前は公式サイト上でご確認 ...

2

今回私はパルクアップHMBプロを飲んで筋肥大効果を確かめてみる事にしました。 パルクアップHMBプロの最大の魅力は、1日5粒を服用する事で、HMBを2000mgも摂取する事が可能な点です! 私の筋肥大 ...

3

今回はハイパーマッスルHMBを飲んで筋肉増強効果をもくろんでみたので、その効果を口コミ致します。 注目は、6粒あたりHMBカルシウムが2,000mgも配合されている点です。(業界トップクラスの1日あた ...

4

今回私はファイラマッスルサプリを飲んでみたので、その効果を評価してみます。 ファイラマッスルサプリも筋肉サプリなのでこんなあなたにおすすめです。 ・自宅で筋トレをやってもなかなか続かない ・ジムで本格 ...

5

今回私が飲んで筋肉増大効果を確かめてみたのがHMB極ボディです。 そんなHMB極ボディの特徴や、飲んでみた効果などを口コミレビューします。 目次1 原材料1.1 ポイントその①クレアチン配合1.2 ポ ...

-有効栄養素
-, ,

Copyright© 筋肉サプリランキング【最強】細マッチョになりたい奴見るべし! , 2019 AllRights Reserved.